ダンディユリナー逆流防止膜はめかた

ダンディユリナー逆流防止膜DUR401(402)使用方法

逆流防止膜は必ず必要ではありません。どうしても漏れてしまう人・逆流防止があったほうが安心する人はご使用ください

集尿器ダンディユリナー逆流防止膜ダンディユリナー受尿レシーバー入口

逆流防止膜AとBの違い

逆流防止膜はサイズの違いで2種類あります。

Aは小さめ(品番 DUR401)

Bは大きめ(品番 DUR402)

です。適応ゲージが基準ですが、使用感には個人差がありますので、新品を購入したときに同梱されている、お試し用逆流防止膜をお使いいただき、判断してください。

逆流防止膜AB適応ゲージ

装着方法

以下の手順に従って装着してください。(DUR401,DUR402共通)

  1. 逆流防止膜を上部の抜け止めにひっかけ、指で押さえながら軽く伸ばしてかぶせます。
    ダンディユリナー逆流防止膜付け方
  2. 孔位置が円の中心になるように、微調整してください。また、逆流防止膜のフチがレシーバーの5箇所の引っ掛け用突起を超えていることを確認してください。
    ダンディユリナー逆流防止膜付け方
  3. 通常の手順と同様にレシーバーを装着・挿入します。陰部が柔らかいときは、曲がらないように手指をそえて押し込みます。
  4. <完成>
    ダンディユリナー逆流防止膜完成図
    ダンディユリナー受尿レシーバー

 

注意事項

★ラテックスアレルギーの方は使用しないでください。
★薄いゴム膜のため、破れないよう爪や突起に注意してお取り扱いください。
★逆流防止膜は消耗品です。破れたり劣化した場合は、逆流防止機構が十分に働かなくなりますので、新しいものにお取替えください。
★皮膚に発赤などの以上がみられた場合は、ただちに使用を中止してください。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事