45歳を過ぎたら前立腺がんPSA検診

前立腺がんPSA検診

齢化と食生活の欧米化および精度の向上により、日本人の患者数は増えています。前立腺がんPSA検診です。1年間で新たにがんが発見される患者数の罹患数の最新を日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイトより最新の情報を確認すると、2017年の資料では前立腺がん罹患者数は91,215名。ひと昔前までは、肺がんがトップだったのに、前立腺がんが罹患数トップに躍り出ています。米国では前立腺がんの罹患者数は30年以上も前からトップだった。

そんな日本もついに前立腺がんがトップになっています。

前立腺がんの死亡率も減少していなくて、最近ではがんの中で6番目の死亡率です。

一見恐ろしそうに感じる前立腺がんですが、前立腺がん検診PSAを受診することで、前立腺がん死亡リスクが確実に低くなります。要は転移さえしていなければ、確実に助かるし、手術や薬物療法によって抑えることができるがんです。50歳を過ぎたら毎年ではなくてもPSA検査を受診していけば、確実に助かりますよ!

前立腺がんPSA検診を進める男性医師

健康診断のついでに、前立腺がんを占うPSA検診

PSA検診とは、前立腺がんを早期に発見するための有効な血液検査です。PSA値が高いほど前立腺がんの疑いが強くなります。PSAというのは、前立腺で特異的に作られるタンパク質で、健康な人の血液中にも存在しますが、前立腺がんになると血液中に流出するPSAが増加するために、前立腺がんの発見指標として用いられています。

PSA検査は少量の血液で測定することができるので、通常の血液検査と合わせて行ってもらうことができます。ですから、45歳を過ぎたら、1度は健康診断の際に、ついで受診でPSAの検査項目もオプションに追加してもらいましょう。500円前後で受診できるところも多いです。

前立腺がんPSA検診

確実に死亡リスクを低下するPSA検診を推奨

泌尿器学会等の発表にあるとおり、PSA検診は前立腺がんが転移を有する信仰がんで発見されるリスク、前立腺がんで死亡するリスクを確実に低下することがわかっています。

欧州の大規模な研究では13年の間に死亡率が21%も下がることが報告され、スウェーデンでの研究では14年間の経過観察で死亡リスクが50%下がることが確認されています。オーストラリアでは60%以上も下がったという研究事例があります。

1980年頃から普及したPSA検査で日本では馴染みのなかった言葉ですが、今や病院に行けば前立腺がんPSAのポスターは必ず見かけるようになりました。日本においても、PSA検診があたりまえになっていけば、前立腺がんは本当にリスクの少ないがんという認識が浸透するとともに、死亡率も低下していくことは間違いありません。

いざPSA検査といっても、健康診断の血液検査は人間ドッグのついでに受診できるため、45歳を過ぎた男性は、必ずPSA検診を受診しましょう。

前立腺がんの発見PSA検診を推薦する男性

前立腺がんPSA検診の利益と不利益

これまでのとおり、PSA検診を受診する利益は、前立腺がんが転移を有する進行がんで発見されるリスクや、前立腺がんで死亡するリスクが下がること。

一方では、生命に影響しないようながんが10%の割合で発見されるなど、PSA受診することでの過剰診断・過剰治療といった「不利益」も存在しています。PSA受診前の予備知識として知っておいて損はないでしょう。

男性器と前立腺がんPSA検診との関わり

PSA検診の利益

PSA検診の利益(メリット)を整理すると以下のとおりです。

  • 正確かつ簡便
  • 早期に検診することで、がんが転移した状態で発見される確率が低くなる
  • 死亡率が下がる
  • PSA値が1ng/mlを下回った場合は、数年先まで前立腺がんになる危険性が低い
  • PSA値が1ng/mlを上回る場合は、将来、前立腺がんと診断される確率が高くなるものの、致死的な前立腺進行がんで発見される危険が極めて低くなる
  • 早期前立腺がんが発見された場合は、治療法の選択肢が多くあり、自身の価値観にあわせて治療法を選べることができる

 

PSA検診の不利益

では逆に不利益は何でしょう?

  • 約10%の確率でPSA検診では見逃される(90%の精度)
  • ごく一部にPSAを作らない前立腺がんがあり、診断されないことがある
  • 前立腺がんが無くても陽性と診断されることがある
  • 前立腺生検を受診した場合は、合併症として、血尿、直腸出血が起こることが、ごくまれにある
  • 前立腺がんではなくて、命に影響を与えないがんが発見されることがある
  • 命に影響を与えないがんに対して治療を行った場合は、治療に伴う合併症などのマイナス要因が問題になることがある

 

<<おわりに >>

45歳を過ぎた男性は前立腺がんリスクの低減のため、PSA検診は必須です。利益と不利益を知ったうえで、受診すると、より安心できるので多少の興味と知識を持ってPSA値と付き合っていくことが重要かと思います。

 

覚えてください!

 

45歳を過ぎたら前立腺がんPSA検診を!

前立腺がんのPSA検診で長寿を目指す男性

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事